過去イベント情報 2021年

 

2021年3月

「VAIVT Academy WEB Dr. Matsuda and Nakayama’s Course –VAIVT疼痛管理–」
【職種制限なし:医師/コメディカル/特約店対象企画】

日時:3/24(水) 19:00~20:00
形式:Zoom Webinar
費用:無料

このたび、エコーメーカーであるGEヘルスケアさんとの共催企画第2弾を開催させていただくことになりました。
松田浩明先生にはエコー下での腕神経叢ブロックについて、中山祐治先生にはVAIVT時の局所麻酔のTIPSについてご講演いただきます。
皆さまのご参加をお待ちしております。

受け付けは終了しました

「CLTIに対するEVTを究めたい!症例ベースで学べるウェビナー」
【職種制限なし:医師/コメディカル/特約店対象企画】

日時:3/19(金) 19:00~20:30
形式:Zoom Webinar
費用:無料

本ウェビナーはCLTIに対するEVTを症例ベースで学べるプログラムです。この領域の一線でご活躍の先生方による具体的な症例に基づいた講義とディスカッションから治療戦略、テクニック、デバイス選択、チップス、エンドポイントなどについて多くを身に着けて頂けるものになるかと思います。
皆さまのご参加をお待ちしております。

受け付けは終了しました

「New Generation DCB Ranger™ は何が新しいのか?② 」
【Ranger™ DCB研修プログラム】【職種制限なし:医師/コメディカル/特約店対象企画】

日時:3/16(火) 19:00~19:45
形式: Zoom Webinar
費用:無料

座長に川﨑大三先生先生をお迎えし、曽我先生からRanger™の詳細な製品、臨床データの紹介、Ranger™の使用経験と使用感、遠隔期のFU AngioとLate lumen loss(LLL)の検討など、現時点でのRanger™に関する知見と期待を余すところなく、語りつくしていただきます。 皆さまのご参加をお待ちしております。

受け付けは終了しました

「VAIVT Academy WEB Dr. Shimizu & Inoue’s Course -PCBをVAIVTで活かす-」
【職種制限なし:医師/コメディカル/特約店対象企画】

日時:3/15(月) 19:00~20:00
形式:Zoom Webinar
費用:無料

Peripheral Cutting Balloon™をVAIVTでどう活かすか? 清水泰輔先生からは実症例を提示いただきながら「どこで活かすか」を中心に、井上浩伸先生からはデータやTIPSとともに「どう活かすか」を中心にご講演いただきます。皆さまのご参加をお待ちしております。

受け付けは終了しました

「New Generation DCB Ranger™ は何が新しいのか?① 」
【Ranger™ DCB研修プログラム】【職種制限なし:医師/コメディカル/特約店対象企画】

日時:3/9(火) 19:00~19:45
形式: Zoom Webinar
費用:無料

座長に川﨑大三先生先生をお迎えし、曽我先生からRanger™の詳細な製品、臨床データの紹介、Ranger™の使用経験と使用感、遠隔期のFU AngioとLate lumen loss(LLL)の検討など、現時点でのRanger™に関する知見と期待を余すところなく、語りつくしていただきます。 皆さまのご参加をお待ちしております。

受け付けは終了しました

「バルーン選択を究める in 2021」
第26回透析バスキュラーアクセスインターベンション治療研究会共催
Sponsored Seminar D

日時:3/6(土) 14:35~15:25
形式:透析VAIVT研究会によるWebライブ配信

座長:深澤 瑞也 先生(⼭梨⼤学医学部附属病院)
座長:⼩川 智也 先生(埼⽟医科⼤学総合医療センター)

演者:村上 雅章 先生(静岡県立総合病院)
「Peripheral cutting balloon™のランダム化臨床試験の成績
 〜Finalize device としてのPCBの有効性〜 」
演者:末光 浩太郎 先生(関西ろうさい病院)
「拡張⼒を優先し通過性を犠牲にした当院のballoon選択戦略、その理由」
演者:下池 英明 先生(高橋内科クリニック)
「エコー下VAIVTの有⽤性−透視下VAIVTとの⽐較を含めて−」

このたび、透析VAIVT研究会において左記共催セミナーを開催することになりました。このセミナーはWebによるライブ配信となります。ご参加お待ちしております。

※ご視聴頂くには、透析VAIVT研究会の参加登録が必要になります。
受け付けは終了しました

第2回 BICS 『カテーテル治療の合併症とそのトラブルシューティング』
(Boston Interventional Cardiology Symposium) 小児循環器領域 症例検討会
【医師/コメディカル対象企画】

日時:3/2(水) 19:00~21:00
形式: Zoom Meeting
費用:無料

前回大変好評いただきました「BICS」の第二弾を開催します。今回は「カテーテル治療の合併症とトラブルシューティング」をテーマに症例提示、ディスカッションをいただく予定です。たくさんのご参加をお待ちしております。

受け付けは終了しました
第2回BICS『カテーテル治療の合併症とそのトラブルシューティング』
□モデレーター:上田秀明先生(神奈川県立こども医療センター)
□ショートレクチャー:宮下裕介先生(長野赤十字病院)「ペリフェラルカッティングバルーンの安全使用と効果」
□ 症例提示:田中敏克先生(兵庫県立こども病院)「経皮的PDA閉鎖術後に肺動脈にデバイスが脱落した乳児例」
□ 症例提示:富田英先生(昭和大学病院)「最近の私のカテーテル治療」
 topに戻る>
 

2021年2月

「Role of Drug Eluting Technologies in My Hospital」
【職種制限なし:医師/コメディカル/特約店対象企画】

日時:2/17(水) 19:00~20:15
形式: Zoom Meeting
費用:無料

今回は座長に安藤弘先生をお迎えし、全国のEndovascularトップランナーの先生方から自施設データ・国内多施設データを提示いただきながら、Drug Eluting Technologies の役割についてご講演頂く予定です。皆さまのご参加をお待ちしております。

受け付けは終了しました
□司会:安藤 弘先生 春日部中央総合病院 循環器内科
□講演:原口拓也先生 札幌心臓血管クリニック 循環器内科 「当院でのDES/DCBの成績と適用について」
□講演:飛田一樹先生 湘南鎌倉総合病院 循環器内科 「当院でのEluvia™のReal World Dataとその役割」
□講演:高山勝年先生 高井病院 脳神経・IVRセンター 脳血管内治療科・IVR(画像下治療)科
   「Eluvia™の新たなオプション COMBAT-ISR試験の結果」

「SFA治療の最適解とは - Choose the Best for Your Patient -」
第29回日本心血管インターベンション治療学会 ; CVIT2020 ランチョンセミナー33

 
日時:2/21(日) 11:30~12:30
形式:CVIT事務局によるWebライブ配信
会場:Web: 4チャンネル

座長:中村茂 先生(京都桂病院)
座長:藤原昌彦 先生(岸和田徳洲会病院)

演者:飯田修 先生(関西労災病院) 「The Latest Updates of Drug Eluting Stent」
演者:曽我芳光 先生(小倉記念病院) 「How to Choose the Suitable Technology for Your Practice」

このたび、CVIT2020において左記共催セミナーを開催することになりました。このセミナーはWebによるライブ配信となります。ご参加お待ちしております。

※ご視聴頂くには、CVIT2020の参加登録が必要になります。
受け付けは終了しました

LEADers 2nd (リーダーズ) -LEAD the future of endovascular! -
【30代20代の医師対象企画】

日時:2/4(木) 19:00~21:00
形式: Zoom (オンライン)
費用:無料

前回大変好評いただきました「LEADers(リーダーズ)」の第二弾、「LEADers 2nd」を開催します。EVTの未来を切り開いていく30代以下の先生方を対象にした、ざっくばらんな情報交換の会です。EVTに少しでもご興味をお持ちの30代以下の先生、是非ご参加下さい!
 (*大変恐縮ですが本会は30代20代以外の先生のご参加は原則お控え下さい。)
受け付けは終了しました
□ ファシリテーター:仲間達也 先生 東京ベイ 浦安市川医療センター
□ Case Presentation by Young Generation
 1. 古瀬領人 先生 済生会宇都宮病院 循環器内科 「亜急性下肢動脈閉塞症の2例」
 2. 柳内隆 先生 洛和会音羽病院 心臓内科 「十分な血流増加が得られなかったCLTIの一例」
 3. 米山晋太郎 先生 新潟大学医歯学総合病院 循環器内科 「Any cases of CLTI ~ healing wound~」
 4. 辻村卓也 先生 関西労災病院 循環器内科
  「デバイス通過困難なBTK領域高度石灰化病変に対してMicro puncture針が有用であった一例」
□ 講師 & スペシャルコメンテーター:丹通直 先生 時計台記念病院『惑々』
 topに戻る>
 

2021年1月

VAIVT Academy WEB Dr. Morimoto’s Course
「あの“はじめてのVAIVT”の筆者によるVAIVTのコツ」
【職種制限なし:医師/コメディカル/特約店 対象企画】

日時:1/29(金) 19:00~20:00
形式: Zoom (オンライン)
費用:無料

このたび、司会に本宮康樹先生をお迎えし、「はじめてのVAIVT」を執筆頂きました森本章先生から、術前、穿刺、シース挿入・・・止血、術後、VAIVTの各プロセスにおいての『コツ』を余すところなくご講演いただきます。皆さん、お見逃しのないように!

受け付けは終了しました

「はじめてのVAIVT ~これからVAIVTを始める方へ~」 愛仁会井上病院 森本章先生
※閲覧のみ 期間限定~3/14

「はじめてのVAIVT」とは

森本章先生に執筆いただいたVAIVTをはじめておこなう先生方のための冊子です。全60ページにわたり、初学の先生に限らず、多くの先生方、コメディカルの皆さんに参考にして頂ける情報が満載になっています。
ご希望がございましたら弊社営業担当にお問い合わせください。

【Ranger™ DCB研修プログラムについて】
Ranger™ DCBをオペレーターとしてご使用いただくためには「大腿膝窩動脈用薬剤コーティングバルーンの適正使用指針」により、研修の受講が定められております。本ウェビナーを最後まで受講いただけますと、研修プログラム受講済みとしてご登録頂くことができます。(使用医師要件及び所属のご施設がDCB実施施設要件を満たしている場合に限る)
登録方法は当日のウェビナー内でご案内申し上げますのでご確認ください。尚、本ウェビナー以外にもRanger™研修プログラムは、病院でのオンサイト、WEBにても受講いただくことができます。詳しくは弊社病院担当からご案内申し上げます。

 topに戻る>