SpaceOAR ハイドロゲルの紹介

~前立腺がん放射線治療の副作用低減とQOL改善~

 
 
概要 > レポート (PDF) > レポート (Video) > Q&A > カタログ/お問い合わせ >
 
 

 

概要 

 

 

SpaceOARとは

本品は前立腺がんの放射線治療の際に、直腸の吸収線量を減少させることを目的として、直腸前壁を前立腺から離すために用いられる合成吸収性材料です。

 

 
SpaceOARとは

SpaceOARはハイドロゲルによりスペースを作ります。(※成分:ポリエチレングリコール)

2液を混合することで凝固し、3か月間スペースを保ちます。そして、3か月後から加水分解が開始、6ヶ月~12ヶ月で完全に体内に吸収されます。

 
 

 

 レポート

 

 


システマティックレビューとメタ解析

SpaceOAR臨床試験データ

 
SpaceOAR™ プレスセミナー
前立腺がんに対する最新放射線治療と副作用低減の取り組み 
~患者様のQOL向上を目指して~
 
◆登壇者 
・東京大学医学部附属病院放射線科 准教授、放射線治療部門長 中川 恵一 先生
・「前立腺がん治療」を受けられた患者様

 
患者様向け(冊子)
前立腺がんに関する治療法について
監修:斉藤 史郎 先生 東京医療センター 泌尿器科
>>その他のレポートはこちら
 
 

 

 Video

 

 


 

SpaceOAR Hydrogel Application with Juan Montoya, MD

Juan Montoya, MD President ,The Urology Center of Colorado (TUCC)

 

SpaceOAR™ System Application with local anesthesia technique

Marcio Fagundes,MD
Medical Director and Vice Chair
Miami Cancer Institute at Baptist Health South Florida Miami, FL
>>その他の動画レポートはこちら
 
 

 

Q&A

 

 

【Q】
SpaceOARを使うと副作用がどの程度減りますか?

【A】
Grade2以上の直腸毒性が3年で5.7%から0%に減ると 報告されています。
【Q】
SpaceOARのメリットについて教えてください。

【A】
SpaceOARは直腸線量の低下だけではなくPTVを含む その他の臓器に対してもメリットがあります。
【Q】
SpaceOARを使うと多くのケースで性機能が温存されるのはなぜですか?

【A】
尿道球部(Penile Bulb)の線量が下がるためです。
>>Q&A一覧「SpaceOAR™が変える治療計画Q&A」
 
 

 

カタログ、お問い合わせ

 

 

 
 
 

承認番号・販売名

販売名:SpaceOAR システム
医療機器承認番号:22900BZI00017000
選任製造販売業者:ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社
製造業者:ボストン・サイエンティフィック コーポレーション(Boston Scientific Corporation 米国)

販売名:BSプローブホルダー EX
医療機器届出番号:26B2X10027B01001
製造販売業者:NISSHA株式会社