高額療養費制度と自己負担限度額

治療にかかる費用のうち、自己負担額は、医療機関の窓口で支払う額(窓口負担)から高額療養費制度による支給額を差し引いた額となります。
高額療養費制度とは、医療機関や薬局の窓口で支払った額が、暦月(月の初めから終わりまで)の間に一定額を超えた場合、その超えた金額が支給される制度です。

※入院時の食費負担や差額ベッド代等は含みません。

この制度を利用するためには、事前にご自身が加入している公的医療保険に、高額療養費の支給申請書を提出または郵送する必要があります。
病院などの領収書の添付を求められる場合もありますので、医療機関の領収書は必ず保管しておきましょう。

※厚生労働省保健局 平成27年1月付 高額療養費制度と自己負担限度額の詳細は厚生労働省ホームページを参照ください。

 

自己負担限度額

最終的な自己負担額となる毎月の「負担の上限額」は加入者が70 歳以上かどうかや、加入者の所得水準によって分けられます。(平成27年1月1日施行)
厚生労働省保健局 平成27年1月付
高額療養費制度と自己負担限度額の詳細は厚生労働省ホームページを参照ください。 

窓口負担を軽減するためのしくみ

通常、高額療養制度による支給は、窓口での支払い後になるため、一時的に自己負担額を超える額を支払う必要があります。その負担を軽減するために、「限度額適用認定証」があります。70歳未満の方が「限度額適用認定証」を保険証と併せて医療機関等の窓口に提示すると、1か月(1日から月末まで)の窓口での支払いを自己負担限度額までとすることができます。
「限度額適用認定証」は事前に、「限度額適用認定申請書」を全国健康保険協会(協会けんぽ)都道府県支部に提出して交付を受ける必要があります。
※ 全国健康保険協会のホームページを参照ください。