SCSを受けた患者さんの体験談

脊柱管狭窄症の手術後、長引く腰下肢痛に対し、脊髄刺激療法(SCS)を受けられた患者さんの声

脊柱管狭窄症の手術後、長引く腰下肢の痛みに対して脊髄刺激療法(SCS)を実施。長い間立つと痛みは残っていますが、当たり前の日常動作を行えるようになりました。続きを読む
*写真はイメージを使用しています。患者さんご本人の顔写真は掲載されません

慢性の神経障害性疼痛 (主訴:尺骨神経痛)で薬物療法や神経ブロックが奏功しなかった中、脊髄刺激療法(SCS)を実施した患者さん

慢性の神経障害性疼痛 (主訴:尺骨神経痛)で薬物療法や神経ブロックがなかなか奏功しなかった中、脊髄刺激療法(SCS)を実施。トライアルを行った2~3日後に “あー、効いているな” と痛みが緩和していることを確認することができました。 続きを読む
*写真はイメージを使用しています。患者さんご本人の顔写真は掲載されません
scs