医療従事者の方 > エレクトロフィジオロジー > ウェビナー情報 > 主催ウェビナー

Boston Scientific主催ウェビナー(EP)

 
RCH

ボストン・サイエンティフィック ジャパン及びアジア( APAC)主催ウェビナー
の情報・視聴登録についてご覧ください。

受付中ウェビナー

 

ボストンサイエンティフィック ジャパン及びアジア(APAC)主催ウェビナーのご視聴ありがとうございました。
またご視聴をお待ちしております。



2021年 バックナンバー

 
11月6日(土) 10:30~11:45 AM JST

Part 3: FELLOWS & MASTERS EDUCATION WEBINAR SERIES

Master

Prof. Park, Seung Jung

Samsung Medical Center, South Korea

 

Session Content:A collection of case study presentations with a focus on cardiac rhythm management and device therapy.

・・・
10月30日(土) 10:30~11:45 AM JST

Part 2: FELLOWS & MASTERS EDUCATION WEBINAR SERIES

Master

A/Prof. Martin Stiles

Director of Cardiac Electrophysiology, Waikato Hospital, New Zealand

 

Session Content: A collection of case study presentations with a focus on principles of clinical electrophysiology covering a range of arrhythmia types.

・・・
10月28日(木) 18:30~19:30 JST

Tailored Solutions for AF Ablation (同時通訳あり)

Moderator

Prof. Reza Wakili

University of Duisburg-Essen, Germany

 

Speakers:

 

Dr. Arif Elvan

Isala Hospital, Netherlands

 

Dr. Yasuharu Matsunaga-Lee

Osaka Rosai Hospital, Japan

・・・
10月28日(木) 18:30~19:30 JST

Tailored Solutions for AF Ablation (同時通訳あり)

Moderator

Prof. Reza Wakili

University of Duisburg-Essen, Germany

 

Speakers:

 

Dr. Arif Elvan

Isala Hospital, Netherlands

 

Dr. Yasuharu Matsunaga-Lee

Osaka Rosai Hospital, Japan

・・・
10月23日(土) 10:30~11:45 AM JST (Bostonアジア主催ウェビナー)

Part 1: FELLOWS & MASTERS EDUCATION WEBINAR SERIES

Master

Prof. Kyoko Soejima

Chief of Cardiology, Kyorin University Hospital, Japan

 

Session Content: A collection of case study presentations with a focus on principles of clinical electrophysiology covering a range of arrhythmia types.

・・・
5月24日(月) 19:00~20:30

RHYTHMIA Special Webinar: Gain New Insight from Local Impedance and Contact Force

Chairman

髙月誠司 先生

慶應義塾大学病院 循環器内科 准教授

 

本Webセミナーでは、EPにおいて最も重要な情報の一つでありますContact Forceと、新たな通電指標の一つとして期待が持たれるLocal Impedanceを組み合わせて使用いただける、STABLEPOINTアブレーションカテーテルの早期ご使用経験をエキスパートの先生方よりご共有いただく予定です。講演は2題を予定しておりまして、手稲渓仁会病院の林先生、さいたま赤十字病院の稲葉先生にご登壇いただきました。その後のパネルディスカッションでは関西労災病院の増田先生、小倉記念病院の永島先生にもご参加いただき、より実践的な使用法などご意見を交わしていただきました。

・・・
4月22日(木) 18:30~20:00 (Bostonアジア主催ウェビナー)

Combining Contact Force and Local Impedance

Moderator

Dhiraj Gupta MD, DM

Liverpool Heart and Chest Hospital

 

Speakers

Jun Kishihara MD, PhD

Kitasato University

 

Frédéric Sacher MD, PhD

Bordeaux University, LIRYC Institution

 

Tobias Oesterlein PhD

Boston Scientific




販売名:Rhythmia HDx マッピングシステム
医療機器承認番号:22900BZX00111000
販売名:IntellaMap Orion マッピングカテーテル
医療機器承認番号:22800BZX00130000
販売名:IntellaNav StablePoint アブレーションカテーテル
医療機器承認番号:30200BZX00348000