DBSシステムの構成

DBSでは以下の機器を体内に植込みます。
① リード:脳深部に植込みます。先端の電極から電流を流します。
② 刺激発生装置:胸部に植込みます。電池を内蔵し電気信号を発生させます。
③ 延長ケーブル:皮下でリードと刺激発生装置をつなぎます。
患者さんは専用リモートコントロール(④)を用いて、刺激のオン(入)とオフ(切)の切り替えができます。
充電式のDBS では充電器(⑤)で定期的に充電します。
DBS