CoreDx™

コアDX 生検鉗子

汎用性の高い 呼吸器用細径生検鉗子

 

 

製品詳細

高性能な組織採取力

  • カップ内のスパイクにより、組織採取が可能です
  • 細径カップは、組織診断に十分な検体採取をサポートします
 

優れたアクセス性能

  • 広範囲な部位へのアクセスが可能な柔軟性の高い0.96mm径シャフト
  • ステンレススチールのシャフトは、内視鏡チャンネル内の挿通性を向上させます
 
 

リンパ節内の組織採取が可能

  • TBNA針による穿刺孔からの組織生検 MFB(Mini Forceps Biopsy)により、 遺伝子解析などの診断が可能です

良質な組織検体

挫滅した組織検体
 

CoreDx™ Procedure Overview

コアDX 生検鉗子によるMFB(Mini Forceps Biopsy)の実際

標準的なEBUS-TBNAを実施する
超音波画像下での針の位置や、穿刺の軌道を確認する

CoreDxを鉗子口の出口付近まで挿入後、ゆっくりとしたストロークで生検部位へと押し進める

超音波描出画像下でCoreDxの先端カップを開き前へ押し込める
カップを閉じて組織採取を行い、組織採取後はカップを閉じたままゆっくりと引き抜く
 

ラインナップ

コアDX 生検鉗子
 

販売名・届出番号

販売名:コアDX 生検鉗子
製造販売届出番号:13B1X00043000084