SpaceOAR_イベント情報

 

終了したイベント

 

日本放射線腫瘍学会第35回学術大会
ランチョンセミナー2

SpaceOAR™を用いた前立腺がん寡分割照射
~最新の治療とこれからの展望~
日時:11月10日(木) 12:20~13:20
場所:第3会場 リーガロイヤルホテル広島 4F クリスタルホール

【座長】
石山 博條 先生
北里大学病院 放射線治療科
【演者】
神宮 啓一 先生
東北大学大学院医学系研究科 放射線腫瘍学分野
「MRリニアックによる最新治療とこれからの可能性」
【演者】
石川 仁 先生
国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 QST病院
「重粒子線治療におけるSpaceOARの役割と今後の展望」
【備考】
ランチョンセミナーは整理券制です。整理券をお持ちの参加者から優先的にご入場いただきます。
配布場所:リーガロイヤルホテル広島1F ホワイエ
配布時間:8:00~11:50 ※整理券はセミナー開始と同時に無効になります。

日頃SpaceOARをご使用いただいておりますエキスパートのお二人から各モダリティでのSpaceOARの果たす役割やベネフィットだけでなく、最新の治療方法やこれからの放射線治療に対する展望に関してもご講演いただく予定で御座います。

Meet the Experts 2022 #004

SpaceOAR留置術~エキスパートの目線~
日時:9月30日(金)19:00~20:00
場所:オンライン開催 (Zoom Webinar)

【座長】
森田 將 先生
昭和大学江東豊洲病院 泌尿器科 診療科長・准教授
【演者】
小林 裕章 先生
済生会横浜市東部病院 泌尿器科 前立腺治療センター長
「"俺の"SpaceOAR留置術」

Meet the Experts Webinar 2022 #003

ここまできた!前立腺がん治療
~ 山口雷藏先生をお招きして~
日時:7月16日(土)13:00~14:00
場所:オンライン開催 (Zoom Webinar)

【ファシリテーター】
藤木 浩子 先生
地方独立行政法人東京都立病院機構
東京都立多摩総合医療センター
がん放射線療法看護認定看護師
【ご講演】
山口 雷藏 先生
神戸大学医学部附属病院国際がん医療・研究センター
副センター長、泌尿器科診療責任医師

Meet the Experts 2022 #002

SpaceOARを用いた前立腺がん放射線治療
~中程度寡分割照射を始めるには~
日時:6月30日(木)19:00~20:00
場所:オンライン開催 (Zoom Webinar)

【座長】
萬利乃 寛 先生:山梨大学 放射線医学講座 助教
「前立腺がん寡分割照射におけるSpaceOARの有用性」
【演者】
齋藤 正英 先生:山梨大学 放射線医学講座 助教
「治療計画におけるSpaceOARがもたらすメリット」

※オンデマンド配信も予定しておりますので、当日ご視聴いただけない方も事前に参加登録の方宜しくお願い致します。オンデマンド配信のURLに関しましては、セミナー終了後にご登録いただいたメールアドレスにお送りさせていただきます。セミナー終了後、約3週間後を目安に配信致します。 

Meet the Experts 2022 #001

SpaceOAR™留置術Tips&Tricks
~泌尿器科医からの目線~
日時:2022年3月24日(木) 18:00~19:00
場所:オンライン開催 (Zoom Webinar)

【座長】
白石 匠 先生:京都府立医科大学 泌尿器科学講座 学内講師
【演者】
鳴川 司 先生:京都府立医科大学 泌尿器科学講座


SpaceOARを用いたRadixact-Synchronyによるトモセラピー前立腺SBRTの可能性

~サイバーナイフ同様の線量分布は可能か?~
日時:2022年2月9日(水) 19:00~20:00
場所:オンライン(Zoom Webinar)

【座長】
中村 和正 先生:浜松医科大学医学部 放射線腫瘍学講座 教授
【演者】
眞鍋 良彦 先生:南部徳洲会病院 放射線治療科 医長

第109回日本泌尿器科学会総会

ランチョンセミナー29
前立腺がんにおける粒子線治療A~Z
日時:2021年12月8日(水) 12:10~13:10
場所:パシフィコ横浜 会議センター4F 第13会場

【座長】
石川 仁 先生 (国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 QST病院)
【演者】
荻野 浩幸 先生 (名古屋陽子線治療センター 陽子線治療科)
「前立腺がん陽子線治療の最前線
 ~SpaceOAR 1000例の臨床経験を経て分かったこと~」
石川 仁 先生 (国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 QST病院)
「前立腺がんに対する重粒子線治療」
粒子線治療のエキスパートであるお二人の先生から、前立腺がんに対する重粒子線の治療方法に関する基礎的な内容とSpaceOARを用いた前立腺がんに対する陽子線の最先端治療を1,000例の臨床経験を基にご講演いただきます。