WallFlex™ Duodenal Stent

ウォールフレックス 十二指腸用ステント

患者様の苦痛緩和を目的とした新しい治療の選択肢を提供します

 

製品詳細

WallFlex Duodenal Stentは、悪性胃十二指腸閉塞に対する内視鏡用ステントとして開発され、本邦で初めて薬事承認を取得した十二指腸用メタリックステントです。
内視鏡的に低侵襲に留置できるため、患者様の苦痛緩和を目的とした新しい治療の選択肢を提供いたします。

Technology

  • ステントシステムの継続的な技術改良により、10Fr(3.33mm)のTTSデリバリーシステムに大口径のステントを装着することを可能にしました。

  • ナイチノール素材のステントは、優れたradial force と柔軟性を提供します。

  • フレア形状はステントの脱落を防ぎ、フードインパクションを低減するよう設計されています。

Flexible

  • 柔軟なデリバリーシステムと先端テーパーチップのコンビネーションにより、高度な狭窄症例においても確実にステントをデリバリーできます。

  • 独自のステントメッシュデザインは、閉塞部位の十分な拡張能力と強い屈曲への追従性能をバランス良く発揮します。
 

Control

  • 10Fr(3.33mm)のロープロファイルなTTS(Through-The-Scope)デリバリーカテーテルは、優れたアクセス性と操作性を提供します。

  • エックス線不透過性マーカとクリアーなトランジッションゾーンが、ステントのポジショニングと正確な留置をサポートします。

  • デリバリーの再収納機能により、正確なステント留置が可能となります。
    ※約80%以内のステント展開であれば、2回まで再収納可能です。

Open to the Possibilities™

ボストン・サイエンティフィックでは、医療の新たな可能性を追求することに情熱を注いできました。WallFlexは、管腔の開存・柔軟性・コントロール性、そして患者ケアといった様々なニーズへ対応するようデザインされており、緩和治療ケアにおける選択肢を広げるために開発された、新しいプラットフォームです。
 
ステントの再収納は2回まで可能です。外筒マーカが限界マーカを超えるとステントの再収納は行えません。 
 

ラインナップ

ウォールフレックス 十二指腸用ステント

 

承認/認証番号・販売名

医療機器承認番号:22100BZX01033000
販売名:ウォールフレックス 十二指腸用ステント 

医療機器認証番号:220ABBZX00040000
販売名:ハイドラ ジャグワイヤー

医療機器認証番号:220ABBZX00192000
販売名:ジャグワイヤー