Jagtome™ RX Cannulating Sphincterotomes

ジャグトームRX

play icon
play icon
Autotome™ RX 使用のコツ (EST)  
Autotome™ RX 使用のコツ (胆管カニュレーション) 

 

 

製品詳細

高い実績と信頼性を誇るJagwire Plus™ をプレロード

  • コシの強いAdvanced Nitinol Core を採用した内視鏡用ガイドワイヤ"Jagwire Plus" を、カニュレーション機能に優れたスフィンクテロトーム"Autotome"にプレロード。デバイス準備の煩雑さをなくし、手技時間を短縮します。

  • RX Biliary System のメリットを最大限に活かすショートワイヤ(260cm)とトラディッショナルな手技に対応するロングワイヤ(450cm)の2 種類のワイヤ長を、0.035 インチもしくは0.025 インチの2 つの外径サイズから選択いただけます。*
    *0.025 インチはJagtome RX 39 のみ

  • ガイドワイヤの先端から術者の指先に優れたフィードバック(Tactile Feedback)が得られ、安全・迅速に胆管へアプローチできます。
 

Tome Cannulation
―ESTナイフで行うカニュレーション―

  • カニューラ挿管とデバイス交換が省略できることから、手技時間の短縮による手技の効率化が図れます。
  • 乳頭切開を想定したERCPの場合、コスト削減にも貢献します。
  • ナイフを張るbow-upによる上下の動きや左右の可動が加わることで、狙った管への選択的ガイドワイヤ挿入がしやすくなるほか、カニュレーション成功率の向上も期待できます。  

センタールーメン

手元部では3 ルーメン、先端部では1 ルーメンになるカテーテル構造*Jagtome™ RX 44, Jagtome™ RX 39のみ

  • カテーテルの中心からガイドワイヤが出るためWGC(wire-guided cannulation)時の軸合わせがしやすくなります。
  • 造影剤が中心から出ることにより、目的の管に選択的に造影剤を注入することが容易になります。
  • 先端チップルーメン内の圧が高まった際には、造影剤をガイドワイヤルーメンから逃がし、造影剤の粘膜下注入や過剰な造影を防ぐ構造になっています。
 

ラウンドチップ

先端チップに施されたラウンド加工

  • 乳頭への愛護的なアプローチとスムーズなカニュレーションをサポートします。
 

チップ コントロール

Tome Cannulationにおいて高いパフォーマンスを発揮

  • 手元のハンドル操作で先端チップが上下左右に可動するため、カニュレーション時の理想的な挿入角度が得られます。
 

Other Features

  • ハンドルとカッティングワイヤの優れた動作連携が、正確な位置合わせをサポートします。
  • ハンドルから手を放しても調整したナイフの角度を維持します。
  • カテーテルはガイドワイヤを挿入した状態で造影が可能な3ルーメン構造。スムーズで安全な手技が行えます。

Jagtome™ RX 49

Jagtome™ RX 44

Jagtome™ RX 39

 

RX Biliary System™

術者のシングルオペレーションを可能にし、迅速な手技が行えるRX Biliary System™ 対応。
 
安全なEST(Endoscopic Sphincterotomy:内視鏡的乳頭括約筋切開術)やスフィンクテロトームの使用のコツを解説した資料や動画をご用意しております。詳しくは担当営業までお問い合わせください。
 

手技の手順

Physician Controlled Wire Guided Cannulation
術者がガイドワイヤを直接コントロールするカニュレーションテクニック
 

近年欧米では、WGCがERCPカニュレーションの一般的手法として行われるようになっています。さらに昨今では、術者が直接ガイドワイヤをコントロールするカニュレーションテクニック、Physician Controlled WGC(PCWGC)へと進化しました。
WGCは、カニューラを用いて試し造影を行う従来法と比べて、不要な膵管造影を回避することができるため、ERCP後膵炎のリスク軽減の一因となることが期待されています。

PCWGC 手技の手順

①Jagtome™ RXの挿入

Jagtome™ RX を内視鏡へ挿入し、主乳頭の下に位置を合わせます。 

②ガイドワイヤの分離

Jagtome™ RX のカテーテルからガイドワイヤを指ではぎとり、もう一方の手でハンドル部とガイドワイヤを把持します。

③軸合わせ

乳頭をよく観察し、カテーテルと総胆管の方向が一直線になるように、内視鏡のアングル操作で軸合わせをします。必要に応じて助手がカテーテルのハンドルを操作して先端を曲げ、適切な角度に調整します。

④ガイドワイヤの挿入

ガイドワイヤ先端部を乳頭内に1 ~ 3mm 進めて、共通管を静かに探ります。術者はこの時点で「たわみ感」または「突き当たり感」といった、ガイドワイヤ先端から伝わる感触のフィードバックを経験します。抵抗を感じるようなら、ガイドワイヤを引き戻してアプローチの角度を変更します。

⑤深部挿管

速やかな抵抗消失感と共にガイドワイヤが進んだら、エックス線透視画像で胆管にガイドワイヤが挿入されているかを確認します。その後、ガイドワイヤに沿わせてカテーテルを胆管内に挿入します。

⑥ガイドワイヤのロック(アクセスの確保)

ガイドワイヤが目的部位に達したら、位置ずれを防止するためにロッキングデバイスを使用して固定し、診断や治療に進みます。
 

RX Biliary System™ A difference you can feel.™

消化器内視鏡領域では、内視鏡像の視野だけでなく術者の触感によるアプローチも重要視されています。RX Biliary System を構成する製品群は、製品のレスポンスで実感できる優れたアクセス性とコントロール性を提供すべく改良されてきました。まさに、術者がその違いを体感できるシステムです。
長年にわたり、ボストン・サイエンティフィックはRX Biliary Systemを日常的に使用する世界中の医療従事者から信頼とご愛顧をいただいています。RX Biliary Systemはその優れたパフォーマンスにより胆膵処置の可能性を拡大することに貢献してきました。術者のシングルオペレーションを想定した製品の技術革新が、繊細なコントロールとアクセスを可能にします。

ラインナップ

Jagtome™ RX

 

認証/届出番号・販売名

医療機器認証番号:221ABBZX00138000
販売名:ジャグトーム RX 

製造販売届出番号:13B1X00043000029
販売名:RX ロッキングデバイス