Japan StoneSmart™ Journeyへようこそ

ボストン・サイエンティフィックが結石治療に携わり、30年を超えます。

世界中のエキスパート・ドクターから製品に対するご意見をいただき、術者にとって、患者にとって最適な結石治療デバイスとは何かを追求し、製品開発・改良に努めてきました。

これからもボストン・サイエンティフィックは、泌尿器科医の理想とする結石治療を体現する、最良のパートナーとなることを目指し続けます。

 

動画ライブラリー

Risk factors for urosepsis

Naeem Bhojani先生に、メタアナリシスおよびシステマティックレビューをもとに、敗血症につながる可能性のある危険因子を説明頂きました。

 

Urosepsis after ureteroscopy

Ben Chew先生とNaeem Bhojani先生に、尿管鏡手術後の敗血症の発生率、危険因子、コスト、治療までの時間、予防などについて議論頂きました。