スモールボアコネクタについて

経腸栄養製品 コネクタ形状
ISO 80369-3 スモールボアコネクタ 切替変更のご案内

点滴(静注)に経腸栄養剤を誤って注入されるなどの誤接続の事故を減らすため、異なる製品分野で嵌合不能となるように、新しいコネクタの規格である国際規格ISO 80369 シリーズが制定されました。これにより、世界的なコネクタの形状変更が進められています。

栄養製品の新しいコネクタは、ISO80369-3 に適合しています。現行のコネクタと接続の向き(オスメス)が変更されているのが特徴です。
 

既存コネクタ製品の出荷期限は、2021年11月末です。

コネクタ形状の変更された製品の納入時期は、それぞれ医療機関の切換えプランによります。

 

取扱製品・コネクタ切換え対象製品


※製造販売業者:日本コヴィディエン株式会社
 

変換コネクタについて

胃瘻カテーテルを新規格コネクタ製品に切り替える場合、栄養チューブ(延長チューブ等)も新規格コネクタの製品に切り替える必要があります。
切り替え段階では胃瘻カテーテルと栄養チューブのコネクタの規格が新旧混在する可能性があります。その際には変換コネクタ(タイプA、タイプB)が必要です。
販売単位:10個入/箱
販売名:EndoVive F-F変換コネクタ(タイプA:メス・メス)
医療機器届出番号:27B2X00093000310 カタログ番号:M0050208
販売名:EndoVive M-M変換コネクタ(タイプB:オス・オス)
医療機器届出番号:27B2X00093000311 カタログ番号:M0050209
製造販売業者:吉川化成株式会社
 

カテーテルと新しいコネクタの洗浄方法のご紹介

経腸栄養製品のコネクタの形状変更により、これまでの漏斗状からオス(凸)形状のコネクタになります。

新規格のコネクタは、コネクタ部の外側に内ネジを有しているため、使用時においては、栄養剤等の付着が気になるところです。
使用される患者さんをはじめ、介護者や医療関係者の方々もこのコネクタの清潔維持の方法に悩まれるかもしれません。
弊社では洗浄剤を用いた手軽な方法をご紹介します。
 
 
洗浄方法についてご不明な点やB-クリーンについてのお問合せは、弊社の担当までお声がけください。