治療に使用する機器について

診断用カテーテル

心臓電気生理検査に使用する診断用カテーテルです。
心臓内のどこを検査するかで使い分けをします。
主に、先端が動く可動型タイプ(写真左)と、先端が動かない固定型タイプ(写真右)があります。
先端の電極数やその間隔にも様々な種類があります。
 

アブレーション治療用カテーテル

高周波アブレーション治療専用カテーテルです。
このカテーテル先端部分と、患者さんの背中に貼付した対極板との間に、高周波が通電されます。
先端部分内には、高精度温度センサーが内蔵されており、的確な温度制御を行います。 
PCサイトはこちら
モバイルサイトはこちら