尿路結石の治療法はいくつかあります。結石の大きさや場所によって治療方法が異なります。また、複数の治療方法を組み合わせて治療が行われる場合もあります。
一般的には、4mm 以下の結石は自然に排石(おしっこと一緒に出る)される可能性が高いの で、排石を促す薬物治療を行います。4mmより大きい結石の場合には、自然排石される可能性 は低いため、体外衝撃波砕石術(ESWL)や内視鏡治療が選択されます。尿路結石治療においては、外科的開腹手術が行われる症例は、近年は減少しています。
治療方法の選択は、病気の状態(結石の位置、大きさ等)や患者さんの状況により変わりますので、担当医師にご相談ください。
 

自然排石/薬による治療

尿と一緒に排石を促す治療方法です。その際には、痛みを緩和する治療も同時に行われます。結石の成分によっては結石を溶かす治療も行います。
ただし、結石の大きさや成分によっては効果が無いものや、低いことがあります。すべての結石が薬で治療できるわけではありません。

体外衝撃波砕石術(ESWL)

体の外から衝撃波を当て結石を割る治療です。そして尿と一緒に排石させます。この治療は外来治療も可能であり、入院の場合でも1~2日程度です。高齢者には負担の小さい治療法です。反面、排石までには時間がかかります。結石の場所や大きさ、硬さによっては内視鏡治療を選択したほうが効果が髙い場合もあります。

経尿道的結石砕石術(TUL) 

内視鏡を使用した治療方法です。経尿道的尿管砕石術(TUL)は、尿道から 細い内視鏡を入れて尿管または腎臓の結石をレーザや空気衝撃波などの砕 石装置で砕石します。破砕された結石片は、手術中に体外に取り出すこと ができます。使用される内視鏡は、硬性内視鏡か軟性内視鏡のいずれかで、 治療部位により選択されます。治療効果の高い手術として近年増加してい ます。入院期間は、数日〜1週間程度になります。

経皮的腎・尿管砕石術(PNL) 

内視鏡を使用した治療方法です。経皮的腎・尿管砕石術(PNL)は背中に小さな穴を開け、その穴から内視鏡を入れ、腎臓の結石を砕石、取り出す治療です。TULとの違いは、比較的大きな腎結石に対して行われることが多い手術です。破砕した結石片は、比較的短時間で体外に取り出すことができます。反面、腎臓に穴をあけるので出血のリスクもあります。入院期間は、1~2 週間程度になります。

開腹手術

腹部を切開して結石を摘出する方法です。近年、ESWLやTUL等の低侵襲治療の開発により、開腹手術は激減しています。