WallFlex™ Biliary RX Stent

ウォールフレックス ビリアリー RX ステント

多様化する現代の内視鏡胆道ステンティングに適した、様々なオプションを提供するために開発されたフルカバーステント

添付文書:91028703-01A 添付文書:90995434-01A 添付文書:90995435-01A

 

製品詳細

世界中で広く使用されている信頼のWallFlex™ブランド

 

独自開発の特殊シリコーンPermalume™カバー

  • 柔軟性と耐久性を兼ね備えた独自のPermalume™カバーは、ステント内腔の開口径を最大限に確保し、ステント開存期間の延長に寄与します。

  • ステントの内側に密着させたカバーは、屈曲時にも皺が寄りにくく、リインターベンション時にもカテーテルの挿入がスムーズに行えます。

マイグレーションのリスクを低減する安心のフレア形状

  • ステント両端はマイグレーションのリスクを低減し、ステントをしっかりと固定するフレア形状。

  • フレア部分は適度な拡張力で組織に対して過度の圧力を加えません。

 

確実なステントリリースと屈曲部追従性能を 兼ね備えたデリバリーデザイン

ステント断端位置が内視鏡下で確認しやすい黄色のトランジション マーカを新採用。乳頭出しのステント位置決めがさらに容易になりました。

 

独自のブレイデッド(編込み)デザインによる 優れたステント構造

  • フレキシブルなステント伸縮性と再収納機能を有し、ステント展開操作のやり直しを可能にすることで、目的の位置に正確にステントを留置できます。

  • ブレイデッドデザインは外圧に対し一体性の面を形成するため、ピンポイントの狭窄に対しても滑らかな内腔面を確保します。

  • ステントの構成セルは小さな「クローズドセル」で、組織のイングロースを抑制し、早期閉塞を予防する効果が期待できます。

 

優れた拡張力と柔軟性を発揮するPlatinol™構造

透視下での視認性に優れたプラチナコアとフレキシブルなナイチノールワイヤで構成される独自の「Platinol™」構造は、適切な拡張力を維持しながら胆管にしっかり追従します。

 

ステント全体に独自開発の特殊シリコーン素材 Permalume™ を施したフルカバー構造

  • 金属が露出する部分を最小限にしたフルカバー構造は、食物残渣の付着を予防し、ステントのイングロースとオーバーグロースを共に低減するよう設計されています。 

 

  • 柔軟性と耐久性を兼ね備えた独自のPermalume™カバーは、ステント内腔の開口径を最大限に確保し、ステント開存期間の延長に寄与します。 

 

  • ステントの内側に密着させたカバーは、屈曲時にも皺が寄りにくく、リインターベンション時にもカテーテルの挿入がスムーズに行えます。 

 

  • 胆管への追従性に優れているため、マイグレーション率はパーシャルカバータイプと同等に抑えられます1)
    1)UEGW 2008: Abstracts P1541 and OP083; DDW 2009: Dr. Costamagna DDW presentation.

  • ステントを誤留置した際、直後の抜去2)をサポートするためのリトリーバルループが装備されています。
    2) 本ステントは抜去の安全性を保証するものではありません。内在性悪性腫瘍からステントを抜去すると、穿孔、出血、組織剥離を引き起こすおそれがあります。

 

 

ラインナップ

ウォールフレックス 胆道用ステント フルカバー

ウォールフレックス 胆道用ステント パーシャルカバー

ウォールフレックス 胆道用ステント アンカバー

 

承認番号・販売名

医療機器承認番号:22200BZX00610000
販売名:ウォールフレックス ビリアリー フルカバー ステント

医療機器承認番号:22100BZX00003000
販売名:ウォールフレックスビリアリー パーシャルカバード ステント

医療機器承認番号:22100BZX00001000
販売名:ウォールフレックスビリアリー ノンカバード ステント