2019-1-11

Alair™気管支サーモプラスティ(BT)システムの販売提携に関する独占契約合意のお知らせ

ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:内木祐介)は、チェスト株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:保木 英明)とAlair™気管支サーモプラスティ(BT)システムに関する日本国内における独占販売提携について、最終合意に至りましたのでお知らせいたします。
チェスト株式会社による、Alair™気管支サーモプラスティ関連製品の独占販売は、2019年2月1日より開始となります。

本合意は、チェスト株式会社が有する呼吸器領域での広範な販売ネットワークと、ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社の有する最先端テクノロジーを組み合わせ、今後も積極的に市場に製品をお届けすると共に、両社の中長期的な成長を図ることを目的としております。

本合意に関して、代表取締役社長の内木祐介は次のように述べています。「より多くの重症喘息に苦しむ患者さんにBT治療という選択肢を提供していくことにより、患者さんやそのご家族の更なる実り多い人生に対して貢献できると確信しています。本提携により、拡大するマーケットへの販売体制を拡充し、取り組みを強化していきます」。
今後もボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社は、革新的で価値ある医療機器を日本国内に広く普及させ、医療の更なる発展のために医療関係者の皆さまと共に邁進していく所存です。

 

チェスト株式会社について

チェストは1965年の創業以来、半世紀以上にわたって呼吸器領域の医療機器の開発・製造・販売を行っております。呼吸器系専門メーカーとして「日本初」「世界初」(2018年12月現在)を含む独自の製品を市場に投入し、気管支喘息やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)を中心とした呼吸器疾患の診断や治療の発展をリードし続けています。今後も『先進の医療機器で健やかな呼吸をサポート』というキャッチフレーズのもと、医療の発展と患者さまのQOL向上のために、チェストはこれからも進化し続けます。
http://www.chest-mi.co.jp/

 

ボストン・サイエンティフィックについて

ボストン・サイエンティフィックは、低侵襲治療(インターベンション)に特化した医療機器メーカーとして、1979年に米国で誕生しました。現在の取扱製品は13,000種以上であり、グローバルで約29,000名の従業員、13ヵ所の製造拠点を擁し、125ヵ国近くのマーケットで確固たる地位を誇る世界最大級の医療機器メーカーとして、医療テクノロジーをリードし続けています。

世界第2位の医療機器市場である日本においては、心血管疾患領域をはじめ、不整脈・心不全疾患領域、末梢血管疾患、消化器疾患、泌尿器疾患、婦人科疾患領域、疼痛管理・パーキンソン病の治療領域で、患者さんの人生を実り多いものにすることに全力で取り組み、日本の医療に意義のあるイノベーションを起こしていきます。
http://www.bostonscientific.jp

 

BT治療について

気管支サーモプラスティ(Bronchial Thermoplasty:BT)は、高用量のICS / LABA等、複数の薬剤を使用しても喘息症状がコントロールできない18歳以上の喘息患者に対して、喘息症状の緩和を目的とした気管支鏡下の手技です。気管支壁を加温することで肥厚した気道平滑筋を減少させ、喘息発作を抑制する治療です。
http://www.btinfo.jp/

販売名:Alair 気管支サーモプラスティシステム(医療機器承認番号:226000BZX00386000)

 

お問い合わせ先

ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社
コーポレートコミュニケーションズ&ブランディング部
柴山・川添
TEL: 03-6853-6940
E-mail: pressroom@bsci.com