2018-4-5

ボストン・サイエンティフィック、エムシジョン・リミテッド(EMcision Limited)を買収
ラジオ波凝固療法を用いた内視鏡治療のポートフォリオを拡充

ボストン・サイエンティフィック(本社:マサチューセッツ州マールボロ、NY証券取引所略号:BSX)は2018年3月5日、英国とカナダに拠点を置く株式非公開企業エムシジョン・リミテッド(EMcision Limited)を買収したことを発表しました。この買収によって、消化器内視鏡下でラジオ波凝固治療を行うバイポーラプローブ『Habib™EndoHPBプローブ』を含む製品技術を取り込むことにより、ボストン・サイエンティフィックのエンドスコピー事業部の製品ポートフォリオが拡充されることとなります。Habib™EndoHPBプローブは、胆膵領域における悪性疾患の患者さんの治療に使用されています。

胆膵領域における悪性疾患では腫瘍が増殖することで胆管が塞がれ、消化管への胆汁の排出が阻害される結果、黄疸を発症するケースが多くあります。Habib™EndoHPBプローブは腫瘍の組織を凝固させ、胆汁の排出を確保することで患者さんの生活の質を高めます。また、開存期間をより長く維持することを期待し、ステント留置前に腫瘍に凝固を加える用途でも使用されています。

ボストン・サイエンティフィック社のシニアバイスプレジデント兼エンドスコピー事業部プレジデントであるアート・ブッチャーは、次のように述べています。「胆膵領域の癌に対する治療方法を模索し続けると共に、既に癌と診断された患者さんのQOLを高めたいと考えています。消化器系の中でもアプローチが困難な部位にある癌に対して、早期発見、治療が実施され、より確実な摘除の実現をサポートするために、革新的な診断、治療方法を拡充していきます。」

世界規模で毎年約100万人の命を奪う胆膵領域における癌の治療選択肢は限定されています1。早期診断によって腫瘍の外科的切除術の適応基準を満たす確率は上がりますが2、現在のところ外科手術適応となる胆管癌は40%、膵癌は20%にとどまっています3,4。エムシジョンの製品は世界中の何千人もの手術適応外の難治癌患者さんの治療に用いられています。

Habib™EndoHPBプローブは米国食品医薬品局の認可、欧州連合のCEマークを取得しています。

ボストン・サイエンティフィックのエンドスコピー事業部は、消化疾患・呼吸器疾患の診断、治療、管理を助ける幅広いデバイス、ソリューションを提供しています。2016年11月、ボストン・サイエンティフィックはエンドチョイス・ホールディングス(EndoChoice Holdings)の買収手続きを行い、製品ポートフォリオに病理診断サービス、感染防止製品、様々なディスポーサブル製品が加わりました。同社は消化器における前癌病変や悪性腫瘍に対して、従来の外科的手術に代わる低侵襲な治療方法である管腔内からアプローチする治療領域の開発にも取り組んでいます。

今回のエムシジョン・リミテテッドの買収では、調整ベース及びGAAPベースでの2018年のEPS(1株当たり利益)への影響は微小であり、その後増加すると予測されています。本買収の具体的な条件は公表されていません。

(このプレスリリースは、2018年3月5日に米国ボストン・サイエンティフィック社が発表したプレスリリースを翻訳したものです。)

 

ボストン・サイエンティフィックについて

ボストン・サイエンティフィック社は、世界中の患者さんの健康状態を改善するために、革新的な治療法を提供し、患者さんの人生を実り多いものとすることに全力で取り組んでいます。過去35年以上にわたり世界の医療テクノロジーをリードし続けるグローバル企業として、「we advance science for life」の言葉を胸に、画期的な治療法を通じて様々な疾患に苦しむ患者さんや、医療体制の生産性向上にも貢献しています。詳細はホームページhttp://www.bostonscientific.com/をご覧いただくか、TwitterFacebookをご利用ください。
 

将来予測に関する記述についての注意事項

このプレスリリースには、証券法(1933 年制定)第 27A 条および証券取引法(1934 年制定)第 21E 条の意味するところの将来予測に関する記述が含まれています。「予期する」「期待する」「予想する」「信じる」「計画する」「推定する」「意図する」などの語句を用いた表現が将来予測の記述となります。これらの記述は現時点で得られた情報による確信、想定、推定に基づくものであり、将来の事象や業績の保証を意図するものではありません。将来予測の記述としては、特に事業計画、規制当局の承認、製品開発、製品の性能と影響に関する記述が含まれます。基本的前提が結果的に不正確であった場合、もしくは一定のリスクや不確実要素が具体化するような場合には、将来予測に関する記述で明示または含意された見込みや予測と実際の結果との間に大幅な隔たりが生じる可能性があります。これらの不確実要素は、場合によっては、当社の事業戦略の実施能力に実際に影響している場合や、(他の要素と相まって)将来的に本能力に影響を及ぼす可能性があり、その結果、本プレスリリースに記述した予想と実際の結果との間に大幅な隔たりが生じる可能性があります。本プレスリリースをご覧になる際には、将来予測に関する記述を過信されませんようご注意ください。

このような相違をもたらす可能性のあるリスクや不確実要素の例として、将来の経済、競争、医療費償還および法規制の条件、新製品導入、人口統計学的動向、知的所有権、訴訟、金融市況、当社および競合他社の将来的な経営上の意思決定などがあります。新たなリスクや不確実要素は予測が困難であり、これらの要因すべてを正確に予測することはほとんど不可能であり、その多くは当社の制御の及ばないものです。当社の将来的な経営に影響する可能性のあるこれらの要因およびその他の重大なリスクおよび不確実要素の一覧およびその詳細説明につきましては、米国証券取引委員会に提出した最新の10-K年次報告書パートI 1A項目「危険因子」をご参照ください。なお、この内容は、提出済みもしくは今後提出する10-Q四半期報告書パートII 1A項目「危険因子」で更新される場合があります。本プレスリリース発行後に当社の予測に変化が生じた場合、または予測の根拠となった事象、条件、状況に変化が生じた場合、または将来予測と実際の結果に相違をもたらす原因となる変化が生じた場合においても、当社は将来予測に関する記述内容を公開の場で更新または改訂する予定はなく、その義務を一切否認します。本注意事項は本プレスリリースに記載された将来予測に関するすべての記述に適用されます。 

 

お問い合わせ先

キャサリン・ブラディ

Boston Scientific Corporation

508-683-4797 (オフィス)

Catherine.brady@bsci.com

 

スージー・リサ, CFA

投資家向け情報

Boston Scientific Corporation

(508) 683-5565 (オフィス)

BSXInvestorRelations@bsci.com

 

1 https://www.cancer.org/content/dam/cancer-org/research/cancer-facts-and-statistics/global-cancer-facts-and-figures/global-cancer-facts-and-figures-3rd-edition.pdf

2Cholangiocarcinoma: Early Diagnosis Is Key.” Medscape, 28 Mar. 2013, www.medscape.com/viewarticle/781524.

3Cidon, E. Una. "Resectable Cholangiocarcinoma: Reviewing the Role of Adjuvant Strategies." Clinical Medicine Insights. Oncology. Libertas Academica, 12 May 2016. Web. 08 May 2017.

4"Pancreatic Cancer Surgical Treatment and Whipple Procedure." Pancreatica. Cancer Patients Alliance, n.d. Web. 08 May 2017.