2016-07-13

FOR IMMEDIATE RELEASE  

ボストン・サイエンティフィック
PCIの適応判断に用いる「コメットプレッシャーガイドワイヤ」を発売
~日米の共同技術開発によるFFR計測機器が診断領域を切り拓く~

ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:内木 祐介)は、本日、PCI (Percutaneous Coronary Intervention:経皮的冠動脈形成術)の適応判断に用いるFFR (Fractional Flow Reserve:冠血流予備量比)の計測機器 「コメット(COMET™)プレッシャーガイドワイヤ」(注1)を発売しました。

コメットプレッシャーガイドワイヤは、2014年8月に開始した、朝日インテック株式会社との業務提携(共同開発・製造プログラム)によって登場する国内初の製品で、ボストン・サイエンティフィックは、本製品の発売によって、患者さん、医師の双方に安心感のある、より良い治療を提供していきます。

現在、日本では、冠動脈の狭窄や閉塞によって心臓の筋肉への血液供給が不足することで発症する狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患の治療として年間約25万件(注2)のPCIが行われています。(2015年度症例:255,416件)
「FFR」とは、ガイドワイヤをベースとして冠動脈内の狭窄部位の前後の血流の圧較差から狭窄の有意性を把握する数値的な指標で、冠動脈内に狭窄病変がある場合、狭窄病変による血流阻害の程度を推測する検査手法です。
近年、FFRは、冠動脈疾患の病態把握やPCIの適応判断において重要性が増しています。

朝日インテックのテクノロジー

朝日インテックのガイドワイヤは、優れた回転追従性(トルク技術)により、医師の高度な手技と繊細な指先の感覚を忠実に反映できる高度な操作性を有しています。ステンレス素材に特殊なトルク技術を付与し、加えて先端部に「ACT ONE」(「Asahi Cable Tube only ONE」の略語で、ステンレス合金製の多条コイルが持つトルク性、柔軟性(耐屈曲性・耐圧縮性)、復元性の特徴をいかした朝日インテック独自の高機能部材の中腔ケーブルチューブ)技術を搭載することにより、血管選択性と耐久性を実現しています。医師のご要望やニーズを製品性能に反映する技術力を有することから、朝日インテックの製品は106ヶ国以上で使用されるなど、国内外において高い評価を得ており、特に日本では60%以上の高いシェアを獲得しています。

ボストン・サイエンティフィックのテクノロジー

従来のFFRワイヤでは、測定した値がずれてしまう、厳しい病変での使用がためらわれる、測定自体に時間が掛かってしまう、といった問題点が指摘されています。コメットプレッシャーワイヤは、従来の製品と比べて測定値のずれが少ないとされる光圧センサーを採用することで、正確な圧測定を可能にします。また、レーザーカットハイポチューブ技術を採用することにより、ワイヤのトルク性能向上が可能となり、ワイヤ操作性を大幅に向上することに成功しました。より厳しい病変の狭窄度の正確な測定や手技時間の短縮を可能にすることを期待しています。

東邦大学医学部医学科内科学講座(大橋)循環器内科 教授、日本心血管インターベンション治療学会 理事長の
中村 正人先生は、コメットプレッシャーガイドワイヤへの期待について次のように述べています。
「PCIの歴史は、長く再狭窄との戦いでした。しかし、デバイスの改良や手技の向上による治療成績の改善やPCIの適応拡大も相まってPCI症例数は右肩上がりで増加してきました。PCI治療の中心はDESの時代を迎え、治療の主眼は再狭窄ではなく、長期治療成績の改善に置かれています。こうした環境の変化の中で、PCIの適応判断では、解剖学的評価だけではなく、機能的狭窄度の評価が重要であることも明らかになっています。日常臨床の中で安心して機能的狭窄度の評価が可能となる、患者さんの血管への侵襲度が低く、オペレーターにとって操作上のストレスが少なく、なおかつ測定精度の高いFFRプレッシャーワイヤを長く待ち望んでいました。今回発売されるコメットプレッシャーガイドワイヤは臨床医のひとりとして大いに期待を寄せる製品です。」

(注1)
承認番号: 22800BZX00225000
販売名: コメットプレッシャーガイドワイヤ
償還価格: ¥162,000

© 2016 Boston Scientific Corporation or its affiliates. All rights reserved.
(注2)
一般社団法人 日本循環器学会
「循環器疾患診療実態調査報告書 (2015年度実施・公表)」
http://www.j-circ.or.jp/jittai_chosa/
 

ボストン・サイエンティフィック社

ボストン・サイエンティフィックは、世界中の患者さんの健康状態を改善するために、革新的な治療法を提供し、患者さんの人生を実り多いものとすることに全力で取り組んでいます。過去30年以上にわたり世界の医療テクノロジーをリードし続けるグローバル企業として、「we’ re advancing science for life」の言葉を胸に、画期的な治療法を通じて様々な疾患に苦しむ患者さんや、医療体制の生産性向上にも貢献しています。詳細はホームページをご覧ください。
 

ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社

ボストン・サイエンティフィック社の日本法人で、1987年に創立され、最先端メディカルデバイス(医療機器)の輸入・販売・製造業者として日本におけるインターベンションの発展を担っています。
http://www.bostonscientific.jp
 

お問い合わせ先

ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社
コーポレートコミュニケーションズ&ブランディング部
TEL:03-6853-6940
E-mail: pressroom@bsci.com

中川 尚之 (携帯)080-4182-3723

■製品写真につきましては下記のURLからダウンロードをお願いいたします。
https://bostonscientific.box.com/s/i3nmjasxpwctw2qcx2uql32xbsq5jxu5

All tradamarks are the property of respective owners.