SYNERGY™ XD

シナジー ステントシステム

eXceptional stent Design

生体適合性と視認性に特化したプラチナ合金で専用設計。鉄やコバルトよりも金属密度が高い為、ストラットを薄くしても高い視認性を実現。
また、プラチナと鉄を合わせることで強度を向上。
アレルギー性の高いニッケルの含有量も最小限に抑え、生体適合性にも期待ができる合金です。

 
 
2リンクとショートセグメントがもたらすステントシステムの柔軟性
 

病変に応じて適切なステントモデルを選択できる3デザイン

3モデルにより、血管径に差があるテーパー病変において、適切なモデルを選択可能。
 
 

大血管専用にデザインしたLVモデル

5.75mmの拡張限界と10個のクラウンにより、カリーナ部分での不完全圧着をより低減。
 

2リンクとショートセグメントがもたらすステントシステムの柔軟性

ベンチデータは必ずしも実臨床に反映しないことがある。