SYNERGY™ XD

シナジー ステントシステム

CLINICAL data

Thin Strut

ストラットとポリマの厚みに関しては、従来DESに比べSYNERGY™ XDは最もストラット厚が薄く、ポリマコーティングの厚みも最も薄いDESです。
ポリマ量が多いほど炎症反応リスクが高くなると言われていますので、ポリマ量は少ない方が炎症リスクは低くなり、SYNERGY™ XDのより少ないポリマ量はヒーリングに貢献します。
 
ストラットの厚さは血栓形成にも影響します。
左の図のように、厚いストラットによって乱流が起き、血栓形成が増大します。
一方74μmと最も薄いストラットのSYNERGY™ XDは、ステント留置後もフローが乱れることがなく、スムーズな血流を実現します。
この薄さが、ヒーリング・早期内皮化に貢献します。
 

Abluminal コーティング

Abluminalコーティングがヒーリングに与える影響について

Abluminalコーティングとは、ポリマ及び薬剤がステントストラットの血管壁側のみに片面のみに塗布されたコーティング方法です。
Preclinical内皮細胞実験比較データです。SYNERGY™ XDは全周性コーティングの持続性ポリマステントに比べ高い内皮化率(88%v55%)を示しました。SYNERGY™ XDはAbluminalコーティングのにより 、より少ないポリマ量、必要なところにだけ適切な量の薬剤をデリバリーを実現し、早期内皮化を達成しています。
 

Abluminalコーティングは全周性コーティングに比べ 良好な内皮化を促進します。

ポリマ及び薬剤をステントストラットの血管壁側の片面のみに塗布。必要なところにだけ適切な量の薬剤デリバリーを実現し、早期内皮化を達成しています。
Presented by Mike Eppihimer (Boston Scientifc), PhD, PCR 2014. Preclinical: Human Coronary Artery Model.
 

安定冠動脈疾患患者: 12ヵ月時点の新生内膜の被覆度(NIC)血管内視鏡評価

 Nojima et al.Catheter Cardiovasc Interv. 2019;1–6.