地域社会への貢献

 

中野清掃活動

私たちボストン・サイエンティフィック社は、社員の生活の場であり仕事の場である地域社会への貢献として、中野セントラルパークが主催する清掃活動に参加しています。
この活動では、中野セントラルパークで働く企業が一丸となり、職場としてお世話になっている中野の街のクリーン化に努めています。

※参加企業の活動は、「ごみ拾いアプリ PIRIKA」を通じて全世界に配信されています。

 

 

寄贈・支援活動

私たちは、社内で切手やペットボトルキャップを回収し、貧困に苦しむ世界の子どもたちの支援活動に取り組んでいる団体に寄付を行っています。
2016年度は、切手約800枚、ペットボトルキャップはセントラルパークビル全体で約67,000個を提供しました。
また、備蓄品などを定期的に寄贈することにより、被災地の皆さまや食料を必要としている方への支援活動も行っています。
 

 

地域学生への医療体験の場を提供

宮崎県にあるインスティテュート・フォー・アドバンシング・サイエンスでは、地域の高校生の職場訪問・職場見学の一環として、施設を公開しています。医療従事者に提供しているより臨床に近いトレーニング環境の見学や、製品シミュレーターや人体モデルを用いた医療機器の操作体験を通じて、医療に対する興味関心を深め、未来の医療を担うチカラを育んでいきます。
この取り組みには、これまでに600名以上の宮崎県の高校生が参加しています。