日本を医療で「つなぐ」

「日本と世界」をつなぐ

超高齢社会、医療財源の不足など、様々な課題に直面する日本。
その日本の患者さんが、実り多い人生を送ることのできる世の中を創っていきたい。
私たちは、患者さんにとっての価値を重視した医療実現のため
体への負担が少ない治療法や、革新的な医療機器を開発。
グローバル企業として、世界中の症例や研究結果を活用し
さらに質の高い医療を、日本に提供していきます。
また、日本の医療現場から得た知見や取り組みを発信することで
世界中の患者さんのQOL向上にも貢献していきます。

  

「人と人」をつなぐ

高齢化に伴い、慢性疾患や複数の疾患を持つ患者さんが増加している今
医療機能の細分化と強化が進み、職種や施設、
地域を越えた連携が、ますます重要になっています。
私たちは、疾患に日々立ち向かっている医療従事者のパートナーを目指し
責任と使命感を持って様々な治療の選択肢を提供。
また、全身にわたる疾患を取り扱う私たちだからこそ
医療機関、各医療従事者の連携を実現し
患者さんにとって価値のある医療を提案していきます。

  

「今と未来」をつなぐ

世界のどの国よりも様々な医療課題に直面し、まさに転換期を迎えている日本。
今ある課題を克服するだけでなく、その課題をどう捉え
日本の、世界の未来につなげていくか。
そこで私たちは、新たな機器や治療法の開発だけでなく
医療従事者に対する教育プログラムや
CSR活動などを通じて、医療の未来を担う人材育成の場を提供。
さらに、医療機関の経営課題に応える独自のプログラムに注力していくことで
医療の進化に貢献していきます。