ACUITY™ X4

アキュイティ X4

MADIT CRT¹から広がるビジョン “Proximal Pacing Option”

 

 

製品詳細

New Generation LV4極リード

ACUITY™ X4の3Dスパイラル構造は、血管径に関わらず電極と血管壁との接触や、リード留置の安定性を向上させます。
大規模臨床試験の考察を踏まえ、17種類のペーシングベクトルとスパイラル付近に配置された電極により、心基部付近からの幅広いペーシングオプションを選択できるよう設計されています。

手技をより快適にする工夫

2.6Fのリード先端

テーパーされた先端は、細く複雑な枝へのデリバリーをサポートします。

 

インナーカテーテルデリバリー

ACUITY™ X4リードは、7FのACUITY™ PROインナーカテーテルを使用することで、目的の枝にダイレクトにデリバリーすることができます。

 

17種類のペーシングベクトル

ACUITY™ X4のプロキシマルペーシングは、17種類のペーシングベクトルを提供。
多様な選択肢から、ベストな選択を可能にします。

3種類のリード

ACUITY™ X4ファミリーは、 3種類のリードを用意しています。
ディスタルチップの電極間隔が異なるため、患者様ごとに異なる多様な心内構造に対応しながら、狙った部位において効果的なペーシングを実現します。

スパイラル部の多極電極

3Dスパイラルの湾曲部に位置する電極は、心尖部以外においても心筋にしっかりと接触し、低いペーシング閾値で安定した電気刺激の送出を可能にしました。

ボストン・サイエンティフィックにより証明された臨床試験

MADIT CRT Study

MADIT CRT試験では、「適切な位置での左室ペーシングは、CRT における重要な成功要因である。
(中略) 左室心尖部でペーシングした場合、臨床上好ましくない結果と関連したことも示されている。
左室心尖部におけるペーシングは避けるべき」と示唆されています。

LILAC Acute Human Study

初回留置で、横隔神経刺激を抑え、許容可能なペーシング闘値が測定されていることが示されました。 2、3

1. Jagmeet P. Singh and al. Left Ventricular Lead Position and Clinical Outcome in the Multicenter Automatic Debrillator
Implantation Trial-Cardiac Resynchronization Therapy (MADIT-CRT) trial. Circulation 2011;123:1159–1166, conclusion p.1159
 

2. Minimizing pacing capture thresholds in a non-apical location. / LILAC Acute Human Study Results A Novel Quad-polar LV Lead Providing Two Zone Pacing, Europace, 2012; 14 (Suppl 1), i57:176P_26
Quad-polar lead provides reliable LV mid and basal pacing. Europace, 2012; 14 (Suppl 1), i57:176P_16

3. LILAC 試験はプロトタイプを使用した臨床試験であり、実際の製品を使用して得られた結果ではありません。 

 

ラインナップ

ACUITY™ X4

 

承認番号・販売名

医療機器承認番号:22600BZX00341000
販売名:アキュイティ X4