頚動脈狭窄症は、十分な術前検査と適切な治療法を選択することで、安全に治療できるようになりました。
しかし治療後に再狭窄などの問題が起こることもありますので、規則的な内服と定期的な受診を心がけましょう。
 

 

監修:
吉村 紳一 先生
岐阜大学医学部付属病院 臨床教授